医療法人ハンズ高知 フレッククリニック|高知県高知市

 

手外科

 

手外科とは

手外科とは
 

手外科とは、手をはじめとする指・腕・肘の様々な病気を扱う臨床分野です。

 

細かい作業を日々こなす私達の「手」は筋肉、関節、靭帯、神経や血管が組み合わされているため、複雑で繊細な構造になっています。そのため、手が使えなくなると日常生活が不便になり、手が生活にいかに重要であるかと気付かされます。

 

手は緻密な器官だけに特有の病気やケガも発生しやすく、放置せず専門的な知識と技術を有している日本手外科学会認定の「手外科専門医」による治療を受けることが大切です。

 

当院の医師は手外科専門医です

当院の医師は手外科専門医です
 

手外科に関する症状は、整形外科や形成外科の医師の診察や治療を受けると思いますが、その中でもエキスパートな医師がいる事をご存じですか?

 

手に関する高度な知識と技術を持った医師は、指定された整形外科または形成外科学会にて6年間の研修を受けた後、それぞれの専門医試験に合格し、更に「手外科」の研修を受け、手外科の専門医試験に合格した医師の事を言い、手の手術の場合、手術が出来る医師が限られています。

 

当院には二名の医師が「手外科専門医」の資格を有しています。

治療には薬物治療や外科治療、リハビリテーションなどがあります。手術、症状によってはさらに高度な手術も必要になってくるため、手外科専門医による治療が必要です。当院では「手外科専門医」が細心の注意を払いながら、患者さま各々の症状に合わせた診療を行っています。

 

手外科の診療対象

手外科の診療対象
 

下記のような症状でお困りの方は、手外科の診療対象となります。

 

   ● 指や手や肘が痛くて仕事やスポーツができない

● 指の動きが悪くなった

● 細かな作業がしにくくなった

● 指の付け根が痛む

● 腕のしびれやだるさ

● 手のしびれ

● 手指のけがの後に痛みや腫れが続く

● 手や指の腫瘍

● 手のスポーツ外傷、障害

 

手の疾患

手の疾患
 
  • 手が痺れる(親指側)
  • 物がつかみにくい
  • 親指の付け根が痩せてきた
手根管症候群」かもしれません。
正中神経が手根管内で圧迫され、神経の支配領域である、親指、示指、中指全体と環指に痺れを生じる疾患です。
この状態が続くと、母指の付け根の筋肉が痩せて物をつかむ動作が困難になります。
 
  • 指がカクカクなる
  • 手をよく使う仕事をしている
ばね指」かもしれません。
指の使い過ぎにより、腱が肥大したりすることにより、指が曲がってまま伸びにくくなったりします。
更年期の女性や手を駆使する職業の人に多くみられます。
 
  • 指の関節が太くなった
  • 指が曲がってきた
  • 指の痛みの為強く握れない
へバーデン結節」かもしれません。
指の骨が太くなり関節が腫れて動きが悪くなったり、曲がったりします。また痛みを伴う場合があります。
40歳以降の女性に多く発生し、手を酷使することで症状が進行します。
 
  • 親指の付け根が痛い
  • 親指の付け根が腫れている
  • 親指の動きが悪い
母指CM関節症」かもしれません。
親指は他の指に比べ、可動域が広く自由に動きます。そのため、使い過ぎや加齢に伴って関節の変形を生じやすいです。
進行すると関節は腫れ、外見からもわかるようになります。
医療法人ハンズ高知
フレッククリニック
 
〒781-8122
高知県高知市高須新町
4丁目3番20号
 
TEL:088-885-5800(代表)
TEL:088-882-8313(予約)
FAX:088-885-5803


 
qrcode.png
http://hands-kochi.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
 

 
<<医療法人ハンズ高知 フレッククリニック>> 〒781-8122 高知県高知市高須新町4-3-20 TEL:088-885-5800 FAX:088-885-6803